トップ 日本料理店・和食ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の作法とマナー > 箸の使い方

箸の使い方

箸の使い方の画像

お箸は、日本や東アジアで使われているものです。
食事のときに、食べ物を運んだりし、フォークやスプーンと同じ役割をします。
棒2本持ち、食べ物をはさんだりすることができます。
箸を食事のときに使うようになったのは、7世紀ぐらいといわれているが、箸は木で作られていたので、腐ってしまったりして昔の箸が発見できず、はっきりいつから使われていたかわかっていません。

箸は、日本や東アジアで日常的に使いますが、もともと箸を使わないヨーロッパやアメリカなどの国でも、日本料理や中国料理のお店などができてきて、箸を使える人が増えてきています。

箸の使い方は、難しいのですが、きちんと使えるようになるととても便利で、食事もしやすくなるでしょう。
また、大人になってきちんと箸が使えないと、恥をかくことがあります。

まず、右手で箸を持ち上げます。
次に左手で下から箸を持ちます。
右手を滑らせるように下に回し、左手を離します。
これが箸の持ち上げ方です。

下側の箸は動かないように親指と薬指で固定します。
上側の箸は、親指、人差し指、中指で軽くはさみ、こちらの箸を動かして食べ物をはさむようにします。

箸を使う際、やってはいけないことがあります。
子どものころ、一度は親に注意されたことがあるのではないでしょうか。
箸を器の上をうろうろする「迷い箸」、箸を咥える「くわえ箸」、食べ物を箸で渡しあう「合わせ箸」、箸で器を引きよせる「寄せ箸」など色々あります。
日本人でしたら、最低限の箸のマナーを守って食事をするようにしたいものです。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • いこら亭 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地2丁目3−10 電話0735-52-3474
    • 大橋屋本町茶寮 新潟県新潟市中央区本町通11番町1841 電話025-228-2509
    • 旬楽館 山口県下関市唐戸町3−10 電話083-228-2452
    • 伊勢之家 三重県伊賀市上野徳居町3277−18 電話0120-330136
    • まるい本店 三重県鈴鹿市深溝町中林1424 電話059-374-5522
    • 寿苑 愛知県岡崎市東大友町字松花78 電話0564-31-3253
    • 光琳・日本料理ダイニング 秋田県秋田市山王3丁目7−1 電話018-863-0002

今日のお勧め記事 ⇒ ふぐ料理

ふぐといえば、やはり毒をもっている魚で、高級魚というイメージがあるのではないでしょうか?ふぐの歴史は古く、縄文時代から食べられていたようです。 しかし、江戸時代に入り、ふぐの毒にあたって、中毒死する人が増えたため「ふぐ禁止令」が出されました。 その後、ふぐの毒が解明されて、ふぐ調理師免許を持った調理師のみがふぐを調理することができるようになりました。 ふぐの毒は「テトロドトキシン」といい、青酸カリの1000倍以上の強力な毒です。 しかもふぐによってまたは、季節によって、毒の

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。