トップ 日本料理店・和食ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ東京都 > 神田川銀座本店

神田川銀座本店

神田川銀座本店

創業明治3年◆江戸前のうなぎ・割烹料理

創業明治3年
初代店主、赤太郎より6代を数える「神田川」。 蒲焼、白焼、鰻づくしの割烹コースなど、江戸前の技を活かしたお料理は銀座の老舗ならでは。銀座KMビル地階の現在の店舗にもかつての面影を残したお座敷個室をしつらえており、 ご接待、ご商談などのご宴会に広くご利用いただいております。

神田川銀座本店:DATA
所在地〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目14-5
TEL03-3541-5401
FAX03-3541-5409
URL
お取り扱い業種日本料理店、うなぎ料理店、割ぽう料理店、弁当仕出し、持ち帰りうなぎ、料理仕出し
営業時間など
駐車場
アクセス(最寄駅)
○東京メトロ日比谷線・東銀座駅徒歩5分
○都営浅草線・東銀座駅徒歩5分
○都営大江戸線・築地市場駅徒歩3分
(その他)
銀座8丁目昭和通り際、新橋演舞場より3分銀座KMビル地階
お役立ち情報■折詰
 うなぎ折詰をおみやげ用にご調理いたします。/1人前2,500円(税込)
 クール便にて発送も承ります。

■本店デリバリーのご案内
 お手軽な幕の内弁当から懐石風のおもてなし膳まで、あらゆる仕出しのご予約を承っております。
 お料理の内容、ご予算など、お気軽にご相談下さい。/TEL:03-3541-5405

神田川銀座本店の地図

東京都中央区銀座8丁目14-5

日本料理店/和食の店・神田川銀座本店の詳しい情報です!

■神田川割烹鰻蒲焼店銀座本店
 伝統の日本料理と江戸前うなぎを取り合わせたメニューをご用意。
 椅子席またはお座敷小間にてごゆっくりお楽しみください。

◆夜の部 17:00~21:30(ラストオーダー ~20:30)

 鰻大丼 2,800円
 蒲焼 2,800円
 白焼 2,600円
 柳川 1,600円
 天ぷら 2,200円~
 お刺身 2,200円~
 焼魚/煮魚/揚げ魚 時価
 きも焼・1本/きも佃煮・1人前 各600円
 きも吸/赤だし 各350円
 うざく(蒲焼の酢の物)1人前 1,200円
 う巻(蒲焼の卵焼・2人前より)1人前 1,200円
 うな茶碗蒸(2人前より)1人前 1,200円
 うなぎ天ぷら/うなぎ唐揚 各2,000円

●蓬莱御膳(ほうらい)  7,000円
 お通し・お造り・季節の小鉢2品・鰻蒲焼(白焼)・お吸物・香の物・御飯

●采女御膳(うねめ)  9,000円
 お通し・お造り・煮物(揚げ物)・八寸・酢の物・鰻蒲焼(白焼)・お吸物・香の物・
 御飯・季節の果物

●千代御膳(せんだい) 13,500円
 お通し・お造り・柳川鍋・煮物(揚げ物)・八寸・酢の物鰻蒲焼・鰻白焼・お吸物・
 香の物・御飯・季節の果物

●鰻づくし御膳 6,000円
 お通し2品・キモ焼(キモ佃)・うざく・う巻・鰻蒲焼(白焼)・キモ吸・御飯・香の物

●ご宴会コース・木挽(こびき) 9,800円
 お通し・焼鳥・お造り・鰻蒲焼・柳川鍋・天ぷら・お吸物・香の物・御飯・ビール1本・お酒1本

◆昼の部 11:00~14:30(ラストオーダー ~14:00)

 鰻重(きも吸・小付・香の物) 1,950円
 鰻重(上)(きも吸・小付・香の物) 2,350円
 鰻大丼(蒲焼3切・きも吸・小付・香の物) 3,150円
 蒲焼御飯(蒲焼3切・きも吸・小付・御飯・香の物) 3,150円
 柳川定食(きも吸・小付・香の物) 1,700円
 天ぷら定食(赤だし・小付・御飯・香の物) 1,700円
 和食弁当(赤だし) 1,050円
 キジ焼重(赤だし・小付・香の物) 1,050円

 ランチ・ビール 250円
 ランチタイム・コーヒー 300円

●お昼のコース料理 6,300円
 お通し・お刺身・季節の小鉢2品・鰻(鰻丼・蒲焼・白焼きのいずれかをお選び下さい)
 お椀・香の物

●特別コース料理 10,500円

■本店(デリバリー部)TEL 03-3541-5405
 中央区銀座8-14-5

■中山競馬場内店、府中競馬場内店


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。
スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 精進料理

精進料理は、現在は日本料理の一つとして考えられていますが、もともとは、仏教の世界で工夫されて作られた料理になります。 仏教の世界では、肉食が禁止されていたり、殺生が禁止されていたので、野菜や豆、穀物などを工夫して料理を作っていました。 いわゆるベジタリアンの食事で、これが精進料理となります。 精進料理の歴史は古いようですが、鎌倉時代以降、禅宗が広まってきて、精進料理も発達してきたと考えられています。 その後、中国式の精進料理「普茶料理」などの影響もあり、今の精進料理が出来上

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。