トップ 日本料理店・和食ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の基本メニュー > ふぐ料理

ふぐ料理

ふぐ料理の画像

ふぐといえば、やはり毒をもっている魚で、高級魚というイメージがあるのではないでしょうか?ふぐの歴史は古く、縄文時代から食べられていたようです。
しかし、江戸時代に入り、ふぐの毒にあたって、中毒死する人が増えたため「ふぐ禁止令」が出されました。
その後、ふぐの毒が解明されて、ふぐ調理師免許を持った調理師のみがふぐを調理することができるようになりました。

ふぐの毒は「テトロドトキシン」といい、青酸カリの1000倍以上の強力な毒です。
しかもふぐによってまたは、季節によって、毒の強さや、毒が含まれている部位が異なってきます。
逆に、「サバフグ」のように毒をもっていないふぐもいるのです。

ふぐには色々な種類がいますが、特に食べられるのは「トラフグ」「マフグ」と呼ばれる種類です。
ふぐは、冬が旬となっています。
産卵するふぐが日本に近づく季節だからです。

このように毒を持っているふぐですが、ふぐは、高タンパク、低カロリーの魚です。
また、動脈硬化や高血圧の改善に効果があるといわれている「タウリン」や。
抗ガン作用や、抗酸化の働きをする「セレン」が含まれており、体にいい食材です。
そして、女性がとても喜ぶ「コラーゲン」が川の部分にたくさん含んでいるので、お肌にとてもいい魚なのです。

ふぐは、主に、刺身や、ふぐチリ、唐揚げ、ふぐ雑炊、ひれ酒などの料理が有名です。
関西では、刺身のことを「てっさ」、ふぐチリのことを「てっちり」と呼ばれています。
フグの身はとても身が引き締まっていて、とても歯ごたえのある魚です。
、ふぐの刺身がとても薄く切られているのもこのせいで、あのぐらい薄く切らないと、せっかくのふぐの味がわからなくなるので、薄く切っているのです。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 天ぷら

天ぷらは、日本料理の代表的な料理で、小麦粉と卵と冷水で作った衣を魚や野菜、山菜などにつけ、油で揚げた料理です。魚や野菜、山菜はタネに使うことが多いですが、肉類はあまり使うことがありません。 現在の天ぷらは、17世紀ごろポルトガルから九州・沖縄地方に伝わってきた料理を、日本風にアレンジしたものになります。伝来してきた当初は、不利ったに似た揚げ物で、現在の天ぷらとは異なります。 また、現在、西日本では「さつま揚げ」を「天ぷら」と呼んだり、各地方や地域によって衣が異なったり、「天

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。