トップ 日本料理店・和食ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の基本メニュー > 天ぷら

天ぷら

天ぷらの画像

天ぷらは、日本料理の代表的な料理で、小麦粉と卵と冷水で作った衣を魚や野菜、山菜などにつけ、油で揚げた料理です。魚や野菜、山菜はタネに使うことが多いですが、肉類はあまり使うことがありません。

現在の天ぷらは、17世紀ごろポルトガルから九州・沖縄地方に伝わってきた料理を、日本風にアレンジしたものになります。伝来してきた当初は、不利ったに似た揚げ物で、現在の天ぷらとは異なります。
また、現在、西日本では「さつま揚げ」を「天ぷら」と呼んだり、各地方や地域によって衣が異なったり、「天ぷら」と呼ぶもの自体が異なってきます。

天ぷらは、小麦粉、卵、冷水をかるく混ぜ合わせ衣を作ります。そこに魚介類や野菜、山菜などを衣にくぐらせ、油で揚げていきます。油の温度は、揚げるタネによって異なりますが、大体160~180度ぐらいの温度でカラッと揚げます。
揚げ油は、植物油を使用し、天ぷらの専門店などでは、ごま油や綿実油、ツバキ油など香りがいい油を使用しています。天ぷらは、時間が経つとべとっとした食感になりあまりおいしくなくなります。家庭で作る場合は、すべての準備をしてから、最後に天ぷらを揚げるようにし、揚げたてを食べるようにすると美味しくいただけます。
また、どうしてもカラッと揚げるのが難しい場合は、現在スーパーなどで「天ぷら粉」が売っています。この商品を使うと、簡単にカラッと揚げられます。

天ぷらは、出汁、みりん、醤油で天つゆを作り、大根おろしや紅葉おろし、薬味などをいれた天つゆにつけて食べるのが一般的です。
しかし、タネ自体の味を楽しむため、レモンなどかんきつ類の汁や、塩をつけて食べることもあります。塩に抹茶、カレーパウダー、ユズの皮、山椒など混ぜるところもあります。他には、ご飯にのせる「天丼」そばなどにのせる「天ぷらそば」などは、日本ではメジャーな料理ではないでしょうか。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 和菜美 岡山県津山市京町57−2 電話0868-24-3305
    • 竹仙 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46 電話075-882-3074
    • 京料理ほそい 埼玉県さいたま市岩槻区大字岩槻5055−2 電話048-756-4978
    • アイル・アイラ 鹿児島県姶良郡姶良町東餅田1181 電話0995-65-1150
    • 和香 長崎県島原市有明町大三東丙198−2 電話0957-68-5533
    • 東京都府中市本町2丁目6−14 電話042-368-5723
    • 旬菜茶房みかわ熊谷本店 埼玉県熊谷市小島708−1 電話048-501-1020

今日のお勧め記事 ⇒ 懐石料理

懐石料理とは、会席料理と並ぶ日本料理の一つです。 「会席料理」がお酒の席での料理に対して、「懐石料理」は、お茶会の席で主催者が来客をもてなす料理になっています。 懐石料理は、会席料理と異なり先にご飯やお吸い物などがでます。 次に、魚のお造りなどの「向付」、煮物などの「あしらい」、炊き合わせの「椀物」、白身魚などの「焼き物」などがでて、一汁三菜になっています。 その後に、炊き合わせや酢の物の「預鉢」、塩辛などの「強肴」、あっさしりた汁「小吸物」、2種の肴「八寸」、お焦げに塩の

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。