トップ 日本料理店・和食ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の基本メニュー > 天ぷら

天ぷら

天ぷらの画像

天ぷらは、日本料理の代表的な料理で、小麦粉と卵と冷水で作った衣を魚や野菜、山菜などにつけ、油で揚げた料理です。魚や野菜、山菜はタネに使うことが多いですが、肉類はあまり使うことがありません。

現在の天ぷらは、17世紀ごろポルトガルから九州・沖縄地方に伝わってきた料理を、日本風にアレンジしたものになります。伝来してきた当初は、不利ったに似た揚げ物で、現在の天ぷらとは異なります。
また、現在、西日本では「さつま揚げ」を「天ぷら」と呼んだり、各地方や地域によって衣が異なったり、「天ぷら」と呼ぶもの自体が異なってきます。

天ぷらは、小麦粉、卵、冷水をかるく混ぜ合わせ衣を作ります。そこに魚介類や野菜、山菜などを衣にくぐらせ、油で揚げていきます。油の温度は、揚げるタネによって異なりますが、大体160~180度ぐらいの温度でカラッと揚げます。
揚げ油は、植物油を使用し、天ぷらの専門店などでは、ごま油や綿実油、ツバキ油など香りがいい油を使用しています。天ぷらは、時間が経つとべとっとした食感になりあまりおいしくなくなります。家庭で作る場合は、すべての準備をしてから、最後に天ぷらを揚げるようにし、揚げたてを食べるようにすると美味しくいただけます。
また、どうしてもカラッと揚げるのが難しい場合は、現在スーパーなどで「天ぷら粉」が売っています。この商品を使うと、簡単にカラッと揚げられます。

天ぷらは、出汁、みりん、醤油で天つゆを作り、大根おろしや紅葉おろし、薬味などをいれた天つゆにつけて食べるのが一般的です。
しかし、タネ自体の味を楽しむため、レモンなどかんきつ類の汁や、塩をつけて食べることもあります。塩に抹茶、カレーパウダー、ユズの皮、山椒など混ぜるところもあります。他には、ご飯にのせる「天丼」そばなどにのせる「天ぷらそば」などは、日本ではメジャーな料理ではないでしょうか。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 精進料理

精進料理は、現在は日本料理の一つとして考えられていますが、もともとは、仏教の世界で工夫されて作られた料理になります。 仏教の世界では、肉食が禁止されていたり、殺生が禁止されていたので、野菜や豆、穀物などを工夫して料理を作っていました。 いわゆるベジタリアンの食事で、これが精進料理となります。 精進料理の歴史は古いようですが、鎌倉時代以降、禅宗が広まってきて、精進料理も発達してきたと考えられています。 その後、中国式の精進料理「普茶料理」などの影響もあり、今の精進料理が出来上

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。