トップ 日本料理店・和食ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ島根県 > アイランドホテルしまじ

アイランドホテルしまじ

アイランドホテルしまじ

隠岐の島の観光・ビジネスに、港に近く快適な宿泊と豊富な海の幸

静かな西郷港沿いにたたずむ当ホテルは後方に大満寺山を景し、観光にビジネスに、絶好の場所にありながら落ち着いた雰囲気の中、皆様にご満足いただけるサービス、きめ細やかなおもてなしを第一としております。

アイランドホテルしまじ:DATA
所在地〒685-0015
島根県隠岐郡隠岐の島町港町天神原80-22
TEL08512-2-1569
FAX08512-2-5896
URLhttp://www6.ocn.ne.jp/~shimaji/
お取り扱い業種日本料理店、居酒屋、飲食店、観光ホテル、食堂、ビジネスホテル、ホテル、リゾートホテル、旅館
営業時間など
駐車場3台 駐車料金 無料
アクセス(車)
○隠岐空港から車で5分
(その他)
西郷港フェリー乗り場より徒歩7分
お役立ち情報~ござらっしゃい 隠岐の島へ~
隠岐の島は海岸全域を大山国立公園に指定され、開発の手の入らない雄大な自然を残しています。
★その自然が育てた海の幸、隠岐近海で採れる豊富な海産物をご堪能ください。
当ホテル1階 料理処「魚鍋菜(さかな)」
★マスコミで話題となったもずく雑炊からアワビ、サザエ、タイ、冬ガキ、岩ガキなど、ご宴会、会食などはお客様のご予算に合わせてご用意いたします。

アイランドホテルしまじの地図

島根県隠岐郡隠岐の島町港町天神原80-22

日本料理店/和食の店・アイランドホテルしまじの詳しい情報です!

◇隠岐の島でしか経験することのできない自然、味、文化を満喫していただくためにスタッフ一同心をこめたおもてなしに専心しております。

●料金…お一人様料金
(素泊まり)
シングル 6825円~7350円
ツイン 6825円~7350円
ダブル 6300円~
和室 6825円~

(一泊朝食付)
シングル 7350円~
ツイン 7350円~
ダブル 6825円~
和室 7350円~

(一泊二食付)
シングル 10500円~15750円
ツイン 10500円~
ダブル 9450円~

当館1階には、料理処「魚鍋菜(さかな)」がございます。
お泊りの方もお泊り以外の方もお食事の際にはぜひご利用下さい。
宿泊の方で、朝食、夕食付きのお客様はこちらでのお食事となります。

料理処「魚鍋菜(さかな)」
◆営業時間
朝 7:00~9:00
昼 11:30~13:00(平日のみ営業)
夜 17:00~21:00(ラストオーダー20:30)

・朝食
朝定食のみ、予約制
・昼食
当日は昼定食(630円)のみ
お得な昼定食回数券(11枚つづり 6300円)もございます
別メニューをご希望の方は前日までにご予約下さい
・夕食
多人数でご来店の際は予約されておくと確実です

◇おまかせコース
松…¥4200
竹…¥3150
梅…¥2100

☆寄せ鍋定食…¥1890(冬のみ)
☆もずく雑炊…¥525
☆磯香茶碗蒸し…¥525
その他メニュー多数

08512-2-1569までお電話下さい

■ホテル館内サービス その他
郵便、FAX、コピーをご利用の方、フロントにて承ります
(FAX、コピーは有料です)

日本海に囲まれた隠岐の島は、周辺の海岸全域が大山隠岐国立公園に指定されています。
数多くの景勝地は開発の手の入らない雄大な自然を残しており、また、隠岐の歴史を物語る史跡はどれも見ごたえのあるものです。
そして隠岐の豊富な海の幸、隠岐近海で採れるウニ、サザエ、極上のあわびをぜひご堪能下さい。

◇観光地◇
白島海岸、浄土ケ浦、トカゲ岩、瀧ケ滝、屋那の松原、那久岬、壇鏡の滝、
福浦トンネル、ローソク島 他

◇史跡◇
隠岐神社、隠岐国分寺、玉若酢命神社、水若酢神社
隠岐郷土館、後鳥羽上皇御火葬塚、村上家、焼火神社 他

◇隠岐の食◇
タイ、アマダイ、ヒラマサ、アジ、サザエ、アワビ、
イタヤ貝、冬ガキ、岩ガキ、山の幸は山菜、野菜や果物も豊富です

職員一同、隠岐の島でのご滞在がなお思い出深いものとなられることを心から願っております。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。
スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 盛りつけの基本

盛り付け方によって、料理がおいしく見えるかどうか決まります。 美味しそうに盛り付けることも大切なのです。 盛り付けをする際には、いくつかポイントがあります。 まず、盛り付ける際、大きな食材から盛り付けます。 小さなものから盛り付けてしまうと、後から大きなものが乗らなくなってしまう可能性があるからです。 また、大きなものや高さがあるものは器の奥に、小さなもの、高さが低いものは器の手前に盛るようにすると、立体的になり、美味しそうに見えます。 盛り付ける際は、色にも注意してみまし

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。