トップ 日本料理店・和食ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ三重県 > 豆狸

豆狸

豆狸

熊野古道と新鮮な魚介類

魚は手に入るものはできる限り地元産を仕入れ、水や塩にもこだわり、水はアルカリイオン水、塩は海洋深層水から作られた地元産の塩を使用。毎月第一土曜日に尾鷲漁港でおこなわれる朝市「イタダキ市」にも出店。そちらでも海鮮ユッケ丼(冬期のみ)が食べられます。

豆狸:DATA
所在地〒519-3618
三重県尾鷲市栄町5-37
TEL0597-22-1166
FAX0597-22-1186
URLhttp://r.gnavi.co.jp/n120700/
お取り扱い業種日本料理店、活き魚料理店、一品料理店、飲食店、割ぽう料理店、小料理店、魚料理店、刺身料理店、食堂、創作料理店、料亭、料理仕出し
営業時間など昼 11:30~14:00
夜 17:00~22:00休業日 不定休
駐車場3台 
アクセス(最寄駅)
○JR紀勢本線・尾鷲駅徒歩7~8分
お役立ち情報★おすすめメニュー
 (昼) 刺身定食 1,680円 など
 (夜) 豆狸コース 3,150円より各種
尾鷲港にあがった新鮮な魚と、旬の食材を贅沢に使ったお食事をお楽しみください。
料亭の味を産地ならではの価格でご提供しております。
★ご宴会などの予約も承ります!

豆狸の地図

三重県尾鷲市栄町5-37

日本料理店/和食の店・豆狸の詳しい情報です!

尾鷲の新鮮とれたての美味しい魚たちを食せるのはココ!
もちろん季節ごとに変わる大物魚から、あわび、さざえ、伊勢海老、珍味のからすみも、
冬、みんなが食べたいと思うふぐにいたるまで、わがままに召し上がって下さい。
地元の野菜、日本全国の美味しい食材も集めています。
熊野古道を歩く活力と、歩き終わった癒しのひと時をあじわってください。
ランチメニューも充実しています。

◆ご予約承ります
ご予約を入れて個室でゆったりと癒しのひと時をお過ごし下さい。
当店はサービス料および室料は一切いただいておりません、ご安心してお越し下さい。
尚、部屋数等に限りがございますので、ご予約はお早めにどうぞ・・・。

◆お席のご案内
個室が5つ、掘りごたつの部屋が2つ、カウンターが10席、宴会は40名までできます。

◆豆狸の自慢メニュー紹介

≪昼メニュー≫
・海鮮ユッケ丼 ・・・・・・・・ 950円
 (赤だし・お漬物付)
・お造り定食(上) ・・・ 1,980円
 (小鉢・お造り5種盛り・炊き合わせ・御飯・赤だし・香の物)
・豆狸定食 ・・・・・・・・ 2,980円
 (小鉢・お造り・焼魚・酢の物・炊き合わせ・御飯・赤だし・香の物)
☆このほかにもたくさんのメニューがございます。

≪夜メニュー≫
・豆狸コース(9品) ・・・・・ 3,150円
 (前菜・お造り・生麩田楽・焼き物・炊き合わせ・御飯・赤だし・香の物・デザート)

≪オススメ単品メニュー≫
・お造り盛合わせ ・・・・・・・・ 980円より
・地鶏卵出し巻き ・・・・・・・ 500円
・熊野地鶏の唐揚げ ・・・・・ 600円
・きのこだよ!全員集合 ・・・ 800円

≪ドリンク≫
・生ビール ・・・・・・・・・・ 580円
・チューハイ各種 ・・・・・ 500円
・豆狸とっくり(2合) ・・・ 840円
・地酒各種 ・・・・・・・・・ 650円より
・焼酎各種 ・・・・・・・・・ 480円より


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。
スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 庄内ざっこ 山形県鶴岡市本町1丁目8−41 電話0235-24-1613
    • 活うなぎ 北海道札幌市厚別区厚別東2条4丁目11−27 電話011-897-5757
    • かつや 岐阜県加茂郡川辺町中川辺63 電話0574-53-2025
    • 三十三間堂・青森ワシントンホテル 青森県青森市本町2丁目1−26 電話017-775-7111
    • 福喜 福井県小浜市湊6−17 電話0770-52-3077
    • 三千院の里 京都府京都市左京区大原来迎院町148 電話075-744-3848
    • 花筏舟 兵庫県姫路市福中町69−3 電話079-222-7311

今日のお勧め記事 ⇒ 蕎麦・うどん

蕎麦やうどんなどは日本の伝統的な料理の代表的なものではないでしょうか?食べ方も音を立てながら食べてもいい珍しい食べ物の一つだと思います。 蕎麦は蕎麦の実を原料として作られた麺で、作り方、食べ方、汁の濃さなど各地色々あります。 蕎麦は、そば粉と水、つなぎで作られます。 つなぎは、使わないものもありますが、山芋、こんにゃく、布海苔などが使われます。 つばぎを使うことによって、そばにコシがでて、独特の食感になります。 そのつなぎの割合によって「十割蕎麦」「九割蕎麦」「二八蕎麦」「

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。