トップ 日本料理店・和食ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の豆知識 > 日本料理の主な食材

日本料理の主な食材

日本料理の主な食材の画像

日本料理は、お米、豆類、野菜、魚介類、鶏肉、果物などの食材をよく使います。
ですから、栄養の面をみても、低脂肪になっています。
最近、海外でも日本料理が人気が出てきているのも、そのせいではないでしょうか?

日本料理の特徴といっても過言ではないものは、魚介類と大豆加工食品です。
海外では、あまり魚や貝を生で食べることはありません。
しかし、日本はお刺身として食べます。
また、大豆も色々なものに加工され、日本独自の食材になっています。
豆腐、湯葉、油揚げ、味噌、醤油などです。

味付けも煮干しや鰹節などからとった出汁、塩、醤油、味噌、酒などが中心で、砂糖、みりんなどで味付けされています。
特に、塩をよく使い、日本料理は高塩分になっています。
油もゴマ油や菜種油などの植物油が主でラードなどの動物油をほとんど使いません。
他の国の料理と比べ、肉類や乳製品、香辛料などはあまり使われず、種類も少ないです。
日本料理で使われる香辛料は、ワサビ、生姜、山椒、トウガラシぐらいでしょうか。

また、日本各地でも使われる食材は、さまざまです。
その土地その土地の名産品の食材を使った料理が多くなっています。
たとえば、京都などでは、京野菜を使った料理を、海のそばで魚が豊富に獲れるところでは海産物を、山では山菜やキノコなどを使った料理を出したりします。

明治以降になると、産地の牛肉やシカ肉、イノシシの肉などを日本料理に出すことが増えてきました。
調理法や、味付けも、海外から入ってきた調味料を使った味付けの料理を出しているお店もあります。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寿司

日本の代表的な料理に中に「寿司」があります。寿司というと、魚介類を酢飯の上にのせた料理でを思い浮かべるますが、寿司には色々な種類があるのです。 握った酢飯の上に魚介類をのせた「握り寿司」、海苔の上に酢飯を置き、魚介類や、卵焼き、かんぴょう、キュウリなどをのせ巻いた「巻き寿司」、または、握ったご飯の周りに海苔を巻き、その上に魚介類をのせた「軍艦巻き」があります。他には、「ちらし寿司」、「押し寿司」、「なれずし」、「いなり寿司」などが一般的な寿司の種類です。地方や地域独特の寿司

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。