トップ 日本料理店・和食ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の豆知識 > 日本料理の食器

日本料理の食器

日本料理の食器の画像

日本料理は、いろいろな食器を用いて料理を出します。
中国料理では、絵柄はついているものの、食器の形は丸がほとんどです。
また、韓国料理などは絵柄などが付いていない白い食器を用います。
しかし、日本料理で使用される食器は、形・色も様々で、絵柄も色々あります。
日本料理では料理に合った食器を使い、盛り付けも工夫され、食器と料理で芸術品のようになっています。
味だけではなく、目でも料理を楽しめるようになっているのです。

日本料理で用いられる食器は、主に漆器、陶器、磁器などが使われています。

漆器は歴史が古く、かなり昔から使われています。
木や紙で作られており、それにうるしの木からとれる樹液を塗ります。
塗った漆を磨き、つやのある、滑らかな触り心地の器になります。
金箔や銀箔貝殻などをつけ、色々な絵柄がついています。
漆器は日本の代表的な伝統工芸といっても過言ではないでしょう。

陶器や磁器は、土を練り形を作り、焼いたものです。
釉薬という薬や、焼き方、土の種類などで陶器になったり磁器になったりします。
日本の東の方は「瀬戸物」、西の方は「唐津物」と呼ばれています。
日本各地に窯があり、その土地で獲れる土を使った陶磁器が作られています。
その時独特の器や絵柄があり、歴史がある陶磁器も多数あります。

陶器は、釉薬をつかい、吸水性があり、重く、厚手です。
有名なのが、瀬戸焼、伊賀焼、大谷焼があります。
磁器は、半透光性があり、かたく、薄いです。
有名なのが、有田焼、九谷焼などがあります。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 精進料理

精進料理は、現在は日本料理の一つとして考えられていますが、もともとは、仏教の世界で工夫されて作られた料理になります。 仏教の世界では、肉食が禁止されていたり、殺生が禁止されていたので、野菜や豆、穀物などを工夫して料理を作っていました。 いわゆるベジタリアンの食事で、これが精進料理となります。 精進料理の歴史は古いようですが、鎌倉時代以降、禅宗が広まってきて、精進料理も発達してきたと考えられています。 その後、中国式の精進料理「普茶料理」などの影響もあり、今の精進料理が出来上

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。