トップ 日本料理店・和食ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の作法とマナー > 座敷の座り位置

座敷の座り位置

座敷の座り位置の画像

座敷などで座る場合、マナーがあります。
和室の場合、大体、床の間があるところが多いでしょう。
その場合、床の間がある方が「上座」、出入り口が近い方が「下座」となります。

上座に座るのは、ゲストの人、主役の人になります。
もしくは、目上の人が上座に座り、接待する側、年下の人は下座に座ります。
日本人は譲り合うことが多いと思います。
あまり、譲り合っているのは見苦しいものです。
その場合、下座に座る人が、さりげなく目上やゲストに上座を勧めて自分は、さりげなく下座に座りましょう。

テーブルの配置や、人数によってどこが上座になるのかがわからない場合があります。
床の間がない場合もあるでしょう。
出入り口が一番遠いところが上座、出入り口に近いところが下座ということを頭に入れておきましょう。
出入り口は、お店の人とのやり取りがあったり、雑用があったりして、色々動かなくてはいけないことが多いものですので、目上の人やゲストは出入り口から離れた場所にすわってもらうようにしましょう。
それでもわらない場合は、そっとお店の人に確認してみてもいいでしょう。

人によっては、床の間を見たい、お庭が見える席がいいという人もいるでしょう。
その時は、臨機応変に対応し、失礼のないようにしましょう。

座敷にかかわらず、テーブル席でも中華料理のときのように円座でも、ルールは全く同じになります。
また、応接室などでも上座や下座は同じになります。
「出口から一番遠いところが上座」ということを覚えておけば、どんな時でも応用して利用できるでしょう。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 箸の使い方

お箸は、日本や東アジアで使われているものです。 食事のときに、食べ物を運んだりし、フォークやスプーンと同じ役割をします。 棒2本持ち、食べ物をはさんだりすることができます。 箸を食事のときに使うようになったのは、7世紀ぐらいといわれているが、箸は木で作られていたので、腐ってしまったりして昔の箸が発見できず、はっきりいつから使われていたかわかっていません。 箸は、日本や東アジアで日常的に使いますが、もともと箸を使わないヨーロッパやアメリカなどの国でも、日本料理や中国料理のお店

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。