トップ 日本料理店・和食ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理の基本メニュー > うなぎ

うなぎ

うなぎの画像

うなぎを使った料理は、日本伝統的な料理になります。
うなぎは、昔から日本の川に生息しており、比較的簡単に手に入る食材でした。現在では、天然のうなぎが激減し、なかなか手に入りにくくなっています。
稚魚を川に放流し、養殖したり、海外からの輸入で賄っています。

うなぎは、体長1~1.3mぐらいで、細長く円形の形をしています。体はぬるぬるとしています。うなぎは、日本以外では東アジアにもおり、主に、川の中流から河口、湖などに生息しています。

うなぎをたべる歴史は古く万葉集の頃から食べられています。
そして、江戸時代の頃は、うなぎをぶつ切りにし、串に刺し焼いて食べていました。その頃うなぎは雑魚として扱われ、、労働者が主に食べていました。
現在のようにうなぎを開いて食べるようになったのは、江戸時代後半からといわれています。その頃から庶民にうなぎが広まってきました。

うなぎは、臭みがあるため1~2日水に入れて臭みを抜きます。また、うなぎの血はには、毒素が含まれているので、生で食べることはできません。
うなぎの開き方は、関東と関西では異なり、関東では、背を開き蒸して、焼いて食べます。関西では、はらを開き、蒸さずに焼きます。

うなぎは、たんぱく質がたくさん含まれており、夏バテの予防や、土用の丑の日などに食べられています。
食べ方は、甘辛い醤油で絡めた「蒲焼」、タレをつけずに焼く「白焼」、焼いたうなぎをご飯にのせて食べる「鰻丼」「鰻重」などがポピュラーに食べられています。他には、「寿司」「肝吸い」などで食べられることが多いです。

名古屋では、うなぎ料理の「ひつまぶし」が有名で、うなぎを3つの食べ方で食べます。まずは、うなぎを細切りにし、ご飯と混ぜてそのまま食べます。次に、わけぎと海苔を入れて食べます。最後にワサビとだし汁を入れ、お茶づけで食べます。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 会席料理

会席料理は、日本料理のひとつです。 主に和食で、宴会などで出てくる料理になっています。 「懐石料理」という日本料理もありますが、「会席料理」はお酒を楽しむときに出る料理で、主に、旅館や料亭で出されます。 「懐石料理」よりも少し食事の内容が豪華になっています。 メニューは基本的には、一汁三菜、二汁五菜などでできてきます。 もちろん数が増えるほど、豪華な料理になります。 「菜」の数は、必ず奇数になっています。 これは、奇数の方が縁起がいいといわれているからです。 会席料理では、

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。