トップ 日本料理店・和食ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




日本料理店・和食ナビ日本料理店で働く > 板前の修業

板前の修業

板前の修業の画像

料亭や割烹などのお店で、懐石料理などの日本料理を作る人を板前といいます。
特に調理師の免許は必要ありません。
板前のトップの人と面接をして、人間性をみられ、採用するかどうか決められます。
板前は、仕事を始めてすぐに料理を作らせてもらうことはできません。
板前は、自分の作る料理の担当があり、修行した年数や技術によって持ち場が異なります。

「追いまわし」は、仕込みや盛り付けなどの雑用全般を担当します。
「揚げ場」は揚げ物を作る人。
「焼き方」は焼き物を作る人。
「揚げ場」と「焼き方」は同じ位になります。
「煮方」は、煮物を作る人で、煮方から板前と呼ぶことができます。
「椀方」はお吸い物を作る人。
「立て板」「花板」は、カウンターなどに立つ人をいいます。
「花板」は、板前を仕切るトップになります。
このように、板前は位があり、修行をしてどんどん上の位に上って行きます。

板前は職人ですから、上下関係が厳しく、また修行も朝から晩まであり、とても厳しいものです。
1年目は、本当に雑用ばっかりでほとんど料理することができません。
調理道具などの用意、洗剤の補充など朝の準備から始まって、賄い作り、洗い物などをやります。
2年目以降から、やっとごはんを炊いたり、デザートを作ったり、焼き場などを担当させてもらえる場合もあります。

板前の修業は、最低5年はかかるといわれています。
5年経ち、やっとほとんどの仕事ができるようになるのです。
その後、そのままその店で働く人もいますし、他のお店でさらに修行をする人、資金があれば独立する人もいます。
日本料理の板前は、すべてができるようになって終わりではなく、日々修行という厳しい世界なのです。

スポンサードリンク

日本料理店・和食ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 庄内ざっこ 山形県鶴岡市本町1丁目8−41 電話0235-24-1613
    • 活うなぎ 北海道札幌市厚別区厚別東2条4丁目11−27 電話011-897-5757
    • かつや 岐阜県加茂郡川辺町中川辺63 電話0574-53-2025
    • 三十三間堂・青森ワシントンホテル 青森県青森市本町2丁目1−26 電話017-775-7111
    • 福喜 福井県小浜市湊6−17 電話0770-52-3077
    • 三千院の里 京都府京都市左京区大原来迎院町148 電話075-744-3848
    • 花筏舟 兵庫県姫路市福中町69−3 電話079-222-7311

今日のお勧め記事 ⇒ ミシュランの星付き日本料理店

ミシュランガイドは、1900年パリ万博でガイドブックとして発行されたのが始まりです。 その後、1930年にはレストランを星でランク付けされるようになりました。 もともとフランスのガイドブックだったのですが、現在は、ヨーロッパ、ニューヨークなどのアメリカ各地が発売されました。 2007年には東京版が、2009年には大阪、京都版が発売されました。 ミシュランの調査スタッフは、お店に素性がばれないように行き審査します。 星は、三つ星は「それを味わうために旅行する価値がある卓越した

日本料理店・和食ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。